2011年06月15日

久しぶりにショパンに戻る。。

久しぶりにショパン弾いてます。
それも、前に言ったことのある、スケルツォの2番。。

例の東大生の彼女のほうが、ずっと上手だわ~face07
なにせ、リハビリがまだ成功してないうえに、
練習時間が、なぁ。。

(とはいえ、例の彼女も、忙しくてそんなに弾いてなかった、と思う。
本当に小さい時にいっぱいやったみたいだけど。。)

しょうがない、大人のショパンをめざしますかね。。。face06

大人はしっとりとした肌でドレス着てショパンが弾きたい。。笑  


Posted by あさこ at 22:44Comments(0)

2011年03月05日

田村響さんのショパン

一度生で聞いたことあるけど、
田村響さん、やっぱりうまかったです!

おおきな、柔らかそうなぽっちゃりした手で、
演奏前に、ピアノの鍵盤の下のところをつかみます。

それだけ、真似してみました。face02
姿勢がよくなるような気がします。icon12

利尻昆布 お買い得
人に聞けない女性の身体とhの悩みを解決♪
脱毛器 イーモ

もうじき夏♪ ちょっと綺麗になりたい。。  


Posted by あさこ at 23:32Comments(0)

2011年02月15日

内田光子さん

イギリス在住の日本人ピアニスト、内田光子さんが、
このたび、グラミー賞をお取りになったらしいです。。

インストゥルメンツ・・・かなんかで。。

ま、もともとは小山実稚恵さんよりすごい、
ショパンコンクール2位を、日本人で初めて受賞された方・・・
ですから、ま、インストゥルメンツってーのは、
そりゃ、そうだろうな・・・ってとこ、なんですけども、

でも、いったい、何で受賞したんだろ???(笑)

今日は寒いけど、もうちょっとしたら、ダイエットの季節。face02

白髪染め 利尻昆布 お買い得ナビ

  


Posted by あさこ at 00:19Comments(0)

2011年01月07日

スケルツォ2番の思い出

ショパンのスケルツォ2番ですが、
この曲を弾くと思いだすのが、
発表会でスケルツォ2番を弾いた女の子のこと。

とてもピアノの上手い子で、
頭もよく、今、東大の法学部行ってます。

性格もすごく素直。face02

ただ、この子、お母さんがすべてを仕切ってました。
時間管理まで。。

ということで、ピアノは1曲1回。

ショパンは好きなので、この曲は1日40分くらい
練習したみたいだけど、ありえない短さよね。。

それでも上達したのは、天性の才能と、
小さいころから、たくさん譜読みしてたから、
譜読みが異様に速かったため。

うーん、どんな弁護士さんになるのか。。

M-1 育毛ミスト
脱毛器 イーモ
トゥースメディカルホワイト
肌ジェリー
  


Posted by あさこ at 16:45Comments(0)

2011年01月01日

マリア・ジョアン・ピリスのコンサート2011

ピアニストの大家、マリア・ジョアン・ピリスのピアノコンサートが、
2011年の今年、あります。

5月14日、神戸です。土曜日。
行きたいなぁ。。

{PR}肌ジェリー
{PR}人に聞けない女性の身体とhの悩みを解決♪
{PR}トゥースメディカルホワイト
{PR}脱毛器 イーモ



  


Posted by あさこ at 21:54Comments(0)

2010年12月24日

スケルツォ第2番

今まで、ベートーベンの月光ソナタを弾いてたんですが、
今度、ショパンのスケルツォ第2番を弾くことになりました。

この曲も、スケルツォの中では一番有名なくらい有名で、
とても綺麗な曲です。

で、以前、遊びで弾いてみたこともあるのですが、
本格的にやるのは、今回が初めて。

とはいえ、指がまともに動くかねー。。。
なにせ、まだリハビリ状態だからして。

ところで、先生は次回のレッスンに29日を指定。
すごいよね、年末に。。face08

トゥースメディカルホワイト
脱毛器 イーモ
酵素ダイエット
利尻昆布 白髪染め



  


Posted by あさこ at 00:39Comments(0)

2010年12月05日

田村響さんのオールショパンプログラム

田村響(たむらひびき)さんのピアノコンサートに行きました。

プログラムは、オールショパン♪icon12

海外のコンクールを総なめ!してるだけあって、
とぉーってもよかったicon06です。

しかし、外がめっちゃ寒かったので、
最初の曲のほう、寝てしまいました。。。

耳に心地よすぎる音楽も、アブナイのよね。。

白髪染め 利尻昆布
無添加 白髪染め
白髪染め 利尻ヘアカラー
  


Posted by あさこ at 02:04Comments(0)

2010年11月28日

2010年11月27日

スケルツォ第3番

この曲は、私が一番思い入れがある曲です。
というのも、ピアノの発表会で弾いたから。face02

そして、大失敗したから、です。icon11

なぜか。。

その頃、断食をするはめになり、

この曲を弾きこなす体力が、
ちょうど発表会の日に残っていなかったから・・・
face07

という、おばかな理由になります。

そしてさらに、この曲を弾いた後、
3カ月ほど私はピアノを休んでしまい、

その後、指に力の入る癖がついて、
ずっと抜けないまま、3年ほど経とうとしているからです。

そして、そのことがなければ、

その発表会の前は、珍しくすごく時間があったので、
一日数時間以上もピアノに向かうことができて、

これまでになく、ものすごく上達していたのでした。
(ほんとよ、ピアノの先生もそうおっしゃってましたから。face05

弾いてた時のポイントはただひとつ。

出だしの不安な感じから、曲想が変わる、154小節目以降の
leggierissimo(ごく軽く)のところは、

icon12とともに天使が下りてくるような感じicon12

なのですが、ここを

いかにキラキラと光が見えるように弾くか・・・
だけなのでした。

なのに、なのに。。。(T_T)

やっぱり、大事な演奏の前は、
体調も万全にしておかなければなりませんね。
反省。



  


Posted by あさこ at 18:48Comments(0)ショパンの曲いろいろ

2010年11月27日

スケルツォ第2番

この曲も超有名(超有名、ばっかりですがface03)ですね。

出だしは、「おばけが出そうな感じ」。(笑)
そして、いきなり盛り上がります。

そのまま引きずられるように、
ショパン独特の美しいメロディーライン♪へ。。
ここは本当に美しい。。icon12

そしてまた、出だしに戻り、
その後同じようなメロディーラインが出てきた後、
曲想が変わり、ゆったり~となります。

でも、決して「安心して」弾くところではなく、
メランコリックに歌って弾く・・・というのが
正しいようです。(また何か出てくるのか?みたいな。)

次の334小節目のレッジエーロ(軽く)のところから、
また軽くなるのかな~と思いきや、

だんだんと不安をあおり、
怒っているような展開になってきます。。

スケルツォ諧謔極(かいぎゃくきょく)という意味ですが、

この曲を作った当時、ショパンは

真剣に愛し、結婚の約束までした
マリア・ヴォジンスカとの恋愛が破れ、
ジョルジュ・サンドとの交際が始まりました。

この曲はいろんな感情がごちゃ混ぜになって現れ、
最後は最大の盛り上がりを見せてフィナーレ!
となります。

なんだか、イミシンですね。face02

失恋に効く曲かもしれません。(爆)


  


Posted by あさこ at 18:36Comments(0)ショパンの曲いろいろ

2010年11月27日

バラード第3番

私の大好きな曲です。
変イ長調なので、明るい曲です。。

最初にこの曲を知ったのは、
大学のときに、素人さんのコンサートに行きまして、

当時はあまりピアノが上手でなかった私は、

この曲を素人が間違えずに弾けるなんて・・・
と、妙なことに感心したのでした。

それで、まあ自分でもちょっと弾いてみたりしてました。

(ちゃんとそれなりに練習したら、
弾けるようになると思います。face02

この曲のまずよいところは、
そのゴージャスさicon06ですね。

だって、ラブストーリーだもん。(笑)

きらびやかな世界icon12が、
ピアノ一台によって繰り広げられてゆきます。

ところで。

バラードというのは、ストーリーです。

この、バラード第3番のストーリーは?というと、

ショパンいわく
「この作品はアダム・ミツキェヴィッチにの詩に
インスピレーションを受けて作曲した」と。。

ミツキェヴィッチは、1798-1855のポーランドの詩人です。

この物語は恋の物語。

最初の2小節で、一人の若者が少女に出逢います。

少女は実はオンディーヌ

オンディーヌというのは、スラブや北欧の神話に出てくる、
魔法を使う水の精です。

概要を記します。

「若い騎士が、湖のほとりで神秘的な美しい娘に会い、恋をする。
娘は騎士に永遠の貞節を求め、騎士もそれを受け入れるが、

彼は同じ湖畔で更に美しい女性に会い、
その誘惑に負けそうになる。

気がつくと、その女は前の娘に変わり、
紀氏は湖で溺死する」

この、騎士と、湖に引きずり込もうとするオンディーヌとの
駆け引きの様子が、ピアノで語られてたりするわけで、

最後は何事もなかったような湖に戻って、終わり、です。

うーん、こわいっ!face07



  


Posted by あさこ at 18:19Comments(0)ショパンの曲いろいろ

2010年11月27日

ノクターン 変ホ長調 Op.9-2

この曲も、ショパンの中では超有名!です。
おそらく、「聞いたことない」と言う人はいないでしょう。face01

そして、嬉しいことに、
そんなに難しくありません。

だから、思いっきり、思い入れを入れて弾くと
よいと思います。
(ただし、聴いてる人に嫌みにならない程度に。。face03

ま、難しいとしたら、
左手のバスの音(一番低い音ね)をいかに綺麗に響かせるか・・・
ですかね。

力が入ってると音が響かないし、
ちょっと離れてるから、弾きにくいところもあります。

このノクターン、聴くからにとってもロマンチックicon06
な曲なんですけど、

そういう曲って、
ショパンの前のフィールドという人が作ったくらいで、
それまでに無かったらしいのです。

フィールドも、ショパンのノクターンほど
幻想的ではなかったようで、

そういう意味でもすごいですよね、ショパンって。。icon12

あ、そうそう、ノクターンの意味自体は、
夜の音楽なんですよ。

面白いですね!face02  


Posted by あさこ at 18:00Comments(0)ショパンの曲いろいろ

2010年11月27日

幻想即興曲

ショパンのピアノ曲のなかで、
とても人気のある曲で、よく知られています。

難しそうに聞こえますね。
でも、ショパンの曲の中では、
それほど難しい曲ではありません。

難しいのは、
右手と左手が違う拍子をきざむ・・・
ということで、

勢いで弾くことも可能だったりします。(爆)

弾いてる人も、弾いてて酔える、
気分のいい曲なのです。face03

でもね、弾いてる人が酔って弾くのと、
聴いてる人が酔えるface12のとは、
話が別!で、

そういう意味では難しい曲になります。

どんなことを想って弾くか・・・

が大事icon06です。

シプリアン・カツァリスは、
最初のところの右手(出だしの有名なメロディー)は、

「森の中で木の葉がサーッと一面に舞うように・・・」

と言っています。

あと、彼によると、
曲想が変わるLargoのところ(まんなかの
メロディーラインが変わる部分です)は、

「光icon12が射したように・・・」

弾くとよいそうです。

ちなみに、この「光が射すように」は、
雨だれicon03の曲の最後でも、そんな感じになります。face01



  


Posted by あさこ at 17:50Comments(0)ショパンの曲いろいろ

2010年11月27日

雨だれ

当時、今とは違うピアノの先生のとこへ、
毎週レッスンに通ってました。

その先生は、私が5歳のときから、
レッスンしてくださった大学の先生でしたが、

いかんせん、何も言わないface08のですよ!

小さい子相手に、それってある?
しかも、芸術系だよ、教えてるの。。

褒めることもなく、
あまり怒らないけど、

たまに「もうちょっと練習してきて」って
言ってました。

で、大学受験前から大学は、やめてましたが、
OLになって、また始めたくなり、
通い始めました。

だって、他の先生を知らなかったんだもん。。face07

ま、とてもとても、いい人でしたけど、
やっぱり「よくわからない」レッスンが続いたのでした。(爆)

そんなレッスンを受けていると、子供はどうなるかというと、
表現しなくなる・・・んですよ。
ただ、淡々と弾く。。。

この雨だれという曲は、
難しい曲ではありません。

なので、珍しく私は、曲想を入れて弾いたんですね。

弾き終わって、先生が何も言わないので、
「だめだったか・・・」と思った矢先、

先生は、
「そこまで弾かれたら、言うことはないです」と
おっしゃいました。

ということで、この曲は私にとって、
とても良い思い出のある曲♪になりました。icon12

簡単なので、素人さんにもぜひ挑戦してみて欲しい曲です。
  


Posted by あさこ at 17:05Comments(0)ショパンの曲いろいろ

2010年11月27日

ピアノ協奏曲第1番

最初に語るショパンの曲は、

ピアノ協奏曲第1番です。

なんでこの曲、って?face02

だってね、
私、この曲を毎日かけて、寝てたのよ、中学のころ。。。(爆)

ショパンのピアノ協奏曲第1番といえば、
「不格好な曲」と言われてるんですね。

そもそも、ポーランドの田舎から出てきたショパンが、
パリでデビューするんだけど、
そのときにやっぱり、派手な曲で目立って
バーン!って行かなきゃいけなかったのよね。

そのために作られた曲。
だから、出だしから派手にバーンと行きます。(笑)

でもって、構成としては、結構不格好。。

なんだけれども、中学生の私はよく知らないので、
まずはこれから・・・と思って、毎日聞いてました。

毎日聞いてると、こんな長い曲でも、
次どうなるか・・・を覚えるようになります。

というわけで、ちっとも自慢になりませんが、
私はこの曲が口ずさめます。
ほとんど、オタクです。face07

でも、私が思うに、
この曲のいいところというか、私が好きなところは、

ところどころのメロディーライン
なんですよね。。

ショパンのピアノ曲って、

知らない人は、
優しい物悲しいメロディーですべてが構成されている・・・

と思いがちなんですが、
決してそんなことはありません。

ということは、その合間に出てくる凄く美しいメロディーラインが、
とても魅力なんだと、私は思います。
・・・っていうか、好きです。

この、ピアノ協奏曲第1番には、
その、とても美しく物悲しいメロディーラインが、
ばっちりあるのです。

だから、どんなに不格好と言われようが、
私はこの曲が大好きです。icon06

5年に1度しかないショパンコンクールの優勝者がこの曲っていうのは、
そのせいじゃないかなぁ~、と思うのですけれど。。。




  


Posted by あさこ at 16:16Comments(0)ショパンの曲いろいろ